初めての人必見:コンシーラーをランキングから選定する方法

女の人

肌を守りながら洗うために

顔を拭く女性

弱アルカリ性のものを選択

昨今では弱酸性の洗顔フォームではなく、弱アルカリ性の洗顔石鹸を使用して顔を洗う人が増えています。なぜなら顔は、肌がデリケートな上に、汚れが付着しやすいからです。そして洗顔石鹸なら、肌に大きなダメージを与えることなく、汚れをしっかりと除去することができるのです。ただし洗顔石鹸の中には、洗顔フォームと同じように弱酸性の成分で作られているものもあるので、気をつけて選ぶ必要があります。弱酸性の成分は、それ自体は低刺激なのですが、だからこそ洗浄力が低めとなっています。そのため弱酸性の洗顔フォームあるいは洗顔石鹸には、洗浄力を高めるための界面活性剤が配合されています。これにより、肌が刺激を受けやすくなるのです。ところが弱アルカリ性の洗顔石鹸の場合、弱酸性の成分よりも刺激は強いのですが、その分界面活性剤が配合されていません。そのため、肌を守りながら洗うことができるのです。

皮脂が洗浄成分に

肌表面は、毛穴から分泌された皮脂で覆われた状態になっています。弱アルカリ性の洗顔石鹸を使用すると、この皮脂自体が洗浄成分に変化します。そして洗浄成分によって、肌に付着している汚れは除去されますし、もちろん洗浄成分となった皮脂も、肌表面や毛穴の内部から洗い流されるのです。ただし皮脂は、肌の潤いを保つためには必要な存在なので、それが失われることで、肌は乾燥しやすくなります。そのため洗顔石鹸の中には、ヒアルロン酸やセラミドといった、保湿成分が配合されているものもあります。それを使用して顔を洗うと、皮脂や汚れが除去された後の肌に保湿成分が浸透していきます。つまり肌が、クリアな状態になる上に、深部から潤ってみずみずしくなるのです。